浦和が横浜のMF小宮山尊信(24)の獲得に動いていることが16日、分かった。関係者によると、すでに金銭面などの調査を終え、横浜側に獲得を打診している。小宮山は両サイドバック、両サイドMFをこなせる万能タイプ。今季リーグ戦でも15試合2得点を記録している。今季の浦和は本職がボランチの細貝やルーキー永田が主に左サイドバックでプレー。右サイドバックではベテランの山田暢が質の高いプレーを続けているが、三都主の流出もあり、層の薄い両サイドバックが最大の補強ポイントとなっている。チームは公式戦5連敗中。フィンケ監督は「なぜ、毎年優勝しなければいけないと言われるのかが分からない。今はサッカースタイルの変換を試みている」と話しているが、結果が出ないこともあり、なりふり構わず即戦力の補強に動いた形だ。今季限りで契約が切れる小宮山に対して、横浜も契約延長オファーを出す方針を固めており、今後の動向が注目される。

=スポニチ=


このJリーグ界のジャイアンツ!
人んちのコミーにちょっかい出すなよ!
お前んとこ いい選手いっぱいいるじゃないか




にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへにほんブログ村ランキングへの応援クリックお願いします

 

【PR】

 

オススメ!

 
 

月別アーカイブ(タブ)

 
 

カテゴリ

 

検索フォーム